何時間も鳴き続けている姿をみていると気が滅入ってしまう・・・
しつけ本には「夜泣きは無視すべき」と書かれているけど本当に無視していいの?
なにかを訴えて鳴いているようにも思えるけどどうしたらいいかわからない。
原因がわかれば対策できるのに原因がわからないまま毎晩夜泣きが続き
睡眠不足でそろそろ体力の限界だ・・・

そんなふうに感じてはいらっしゃいませんか?
この記事では、そんな老犬の夜泣きに関してお悩みの方に向けて
愛犬の行動から原因を推測し改善する方法を提案させていただきます。

10分程度で読める本記事を最後までお読みいただければ、
明日から近所迷惑にビクビクしながら眠れない日々を
過ごさなくてもよくなっていることでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください。

老犬の夜泣き(夜鳴き)の原因は?

老犬の夜鳴き 徘徊

老犬の夜泣きの原因はワンちゃんそれぞれで色々と考えられますが、主に以下の4つに大別できます。

認知症による夜泣き(夜鳴き)

獣医学やペットを取り巻く環境の進歩によりペットの高齢化が進み、犬にも認知症と呼ばれる症状がよく見られるようになりました。老犬の認知症の中でも特に飼い主に負担がかかる症状の代表格が夜泣きです。一晩中吠え続けている場合は、そのほとんどが認知症の症状だと言われています。犬はもともと夜行性で特に老犬は疲れやすいため昼間はほっておけばずっと寝続けてしまいます。それが原因で生活リズムがくるい昼夜逆転して夜中に目を覚まし徘徊や夜泣きに繋がります。

床ずれや腫瘍、関節痛など体の痛みによる夜泣き(夜鳴き)

老犬になると体のいたるところに老化現象が現れ、痛みが伴います。飼い主さんが特に注意してあげたいのは床ずれです。基本的にワンちゃんは我慢強いため軽微な痛さで泣き叫ぶことはありませんが、老犬になって寝たきりになってしまうと数時間おきに寝返りを打たせないとすぐに床ずれができてしまいます。一度床ずれができてしまうと皮膚の壊死が進むためなかなか完治が難しくワンちゃんにとっては激痛が伴います 。

空腹やトイレなどを要求する夜泣き(夜鳴き)

ワンちゃんは人間が思っているよりも綺麗好きです 。老犬になって足腰が弱くなってくると生殖器周りの筋肉も衰え排泄のコントロールができなくなります。我慢ができなくなると必然的にトイレの失敗が増え、ワンちゃんもダメだとわかっているのに体が言うことをきかないことから大きなストレスを抱えてしまいます。

見えない、聞こえない不安感、恐怖感による夜泣き(夜鳴き)

怖がりのワンちゃんや甘えたのワンちゃんによく見られます 。病気でもなく認知症の症状もない、トイレやおやつを与えてもいつまでも鼻を鳴らすような夜泣きをする場合は目がちゃんと見えているか耳がちゃんと聞こえているかを確認してみてください。犬は嗅覚だけで生活はできてしまうので見えていない聞こえていないというのは見落としがちになります。見えていない聞こえていない場合はその不安や恐怖感によって夜泣きをしている可能性があります。

老犬の夜泣き(夜鳴き)の対処法は?対策グッズってあるの?

老犬の夜泣き(夜鳴き)の対策グッズ

まずは動物病院に診てもらう

先に挙げた通り、夜泣きといってもいろいろな原因が考えられます。病気が原因で夜泣きをしている場合は動物病院で診てもらわない限り特定することはできません。 発見が遅れれば命に関わるケースも少なくありません。夜泣きが始まった場合には必ずまずは動物病院で診てもらってください。

重度の認知症、痴呆症を患っている場合

動物病院で重度の認知症と診断された場合は次のように対処してあげてください。

生理的な欲求にこたえる

しつけ本には「要求吠えは相手にしてはいけない」などと書かれていることもありますが、相手が老犬でかつ認知症の場合は、要求吠えを無視してもあまり意味はありません。

そもそも認知症を患っている場合は何を要求しているのかさえ分からないことも多いですが、まずはトイレや食事など生理的な欲求を満たしてあげるよう努めてください。

声をかける、撫でる、そばで寝る

なにをしても泣き止まない時は声をかける、撫でる、そばで寝るなどとにかくワンちゃんに飼い主さんの存在を感じさせてあげてください。ワンちゃんの精神状態を落ち着かせるには犬用のアロマなどもおすすめです。バジルやゼラニウムブルボン、レモングラスなどは気持ちを静め精神を安定させる作用があると言われています。

防音の犬小屋(ケージ)を使用する

飼い主さんにも当然生活があります。犬の夜泣きに毎晩付き合っていくわけにもいきません。 老犬ホームやペットシッターさんに預けてお任せするという方法もありますが経済的になかなか難しいという方も少なくありません 。そんな時は夜泣きをする夜間だけでも防音タイプのケージを使用することをおすすめします。

比較的軽度の認知症、痴呆症を患っている場合

知育おもちゃを使って頭を使う練習を

犬は基本的に学ぶことが大好きです。老犬になってもそれに変わりはありません。遊んであげるときに少し頭を使わせることを意識してあげてください。

サプリメントで栄養を

EPAやDHAはオメガ3脂肪酸に含まれる栄養素ですが犬の認知症にも多少は効果があると言われています。ただし研究は無数に行われており効果があったとするものもあれば全くなかったというものもあり脂肪酸が犬の認知機能を改善したかどうかははっきりとわかっていません。あくまで栄養の補助的なものとしてお考え下さい。

腫瘍や関節痛など痛みを伴っている場合

ワンちゃんによって対処の仕方が変わります。場合によってはワンちゃんにあった装具なども用意してくれるので素人判断で行わず、必ずかかりつけの動物病院の獣医師に指導してもらってください。

特に重篤な病気があるわけではない場合

犬ができることは犬にさせる

もう老犬だからと甘やかしてしまうとそれが癖になるため逆効果です。頭がしっかりしている犬は 良い経験をすると良い記憶が頭に残っているため同じ事を何度も繰り返します。体を動かさなくなったり呼べば飼い主さんが来てくれるというような誤った体験をさせてしまうとそれが癖になって筋力の低下や要求吠えが増えてしまいます。 ですから甘やかしてはいけません。散歩にはできるだけ連れ出し、あくまでできないことを補助する程度にとどめてください。

生活リズムを整える

日中仕事をされている方は難しいですが、できるだけ朝からお昼の時間帯は犬にかまってあげるようにしてあげてください。 数10分程度日光浴をするだけでも体内時計がリセットされるため夜泣き予防に効果が期待できます。

老犬の夜鳴き(夜泣き)で注意すべき点は?

老犬の夜鳴き(夜泣き)で注意すべき点

夜泣きをしてもトイレを失敗しても叱らない

今までできていたトイレが全くできなくなったり何をしても泣き止まない愛犬を見ていると本当に辛くなります。愛犬の介護に嫌気がさしてあんなに可愛かった愛犬に対してつい冷たい態度をとってしまうことも珍しいことではありません。

しかし、愛犬もあなたに迷惑をかけたくてかけているのではありません。 あなたが怒っている表情やしぐさ、口調というのは愛犬にとって想像以上のストレスになります 。どうか老犬のことを理解してあげてください。悪気はないのです。冷静になって介護をしてあげてください。

近隣住民に対する騒音対策

夜鳴き(夜泣き)でもっとも注意したいのは騒音対策です。犬の夜泣きによって精神疾患を患ったとして近隣住民が飼い主を訴え損害賠償責任を認められた判例があります。一定の防音対策を講じて飼い主としての義務を果たしていたと認められる場合は訴えが棄却された判例もありますが、何も対策していないと損害賠償責任を負う可能性は十分あります。できる対策は講じるよう心がけましょう。

どうしても夜鳴き(夜泣き)が続く場合は?

どうしても夜鳴き(夜泣き)が続く場合

どうしても夜泣きがおさまらない場合は防音タイプのケージを使い騒音を極力抑えながら世話をするか、世話を見るのがむずかしいときは老犬ホームやペットシッターさんを頼ってください。なにも一度預けたら一生預けないといけないわけではありません。

飼い主さんが疲弊し倒れてしまっては愛犬はもう頼るべき存在がいなくなってしまいます。老犬介護は一人でしてはいけません。疲労が溜まったら飼い主さん自身が気分転換をする必要があります。頼れる人や使えるものは何でも使って手を抜くとこは手を抜いて介護を続けてあげることが愛犬にとっての幸せに繋がります。

ペットの騒音でお困りではありませんか?
防音犬小屋 レンタル

犬や猫、鳥の無駄吠え、要求吠えなどでお困りではありませんか?

当店では防音タイプの犬小屋をレンタルしています。

不要になれば即返却OK。期間縛りもナシ。

解約金、保証金などよくわからない費用も一切不要。

ひとつひとつ丁寧にハンドメイドするため数に限りがございます。

ご予約はお早めに!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事