保護犬・保護猫の里親になる

保護犬はどこで引き取れるの?

保護犬って捨て犬のことでしょ?癖の悪い犬ばっかじゃないの?

 

保護犬については「なんとなく知ってるけど詳しくは知らない」あるいは「問題のある犬猫が収容されているから選択肢に入れていない」など偏見を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

日本では毎年数万頭の犬猫が殺処分されています。ペットショップの売れ残り、飼い主の飼育放棄、飼い主が亡くなったペットなど理由は様々です。しかし、どんな理由であろうとも結局は人間の身勝手な都合で繁殖させられ一方で殺処分されているということに違いはありません。

 

近年では殺処分ゼロを掲げる自治体も増えており、

  • 収容数を減らす
  • 正当な理由がない引き取りの拒否
  • 野良猫野良犬の去勢避妊
  • 譲渡会の開催

などさまざまな活動が行われています。

 

そういった活動のおかげで殺処分の数は年々減少傾向にありますが、今もなお、保健所に送られた犬猫の約7割は殺処分されているという現実があります。

 

そこで今回はもっと多くの人に「身近で譲渡会が行われている」ということと、「保護犬や保護猫を引き取るとメリットがたくさんある」ということを知っていただくために記事を書きました。

 

保護犬を迎える方は近年増加傾向にあり、芸能界でもローラさん、滝川クリステルさん、岩城滉一さん結城アンナさん夫妻、皇室からは愛子様などなど多くの著名人も保護犬を家族に迎え入れています。

 

あなたもペットショップで犬猫を購入する前に一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

保護犬・保護猫の里親になるメリット

保護犬・保護猫の里親になる

高額な購入費用はかからない

ペットショップやブリーダーから購入する場合は高額な生体費用が必要ですが、譲渡会で犬猫を譲り受けるときは基本的に生体費用は無料です。

ただし、譲渡会を行っている団体によって寄付金が必要だったり予防接種や去勢避妊の費用などが必要なところがあります。

事前にしっかりと確認し団体のポリシーに納得のうえで譲渡会に参加されることをお薦めします。

 

トライアル期間がある

譲渡会で犬猫を引き取るときはほとんどの場合、トライアル期間が設けられています。この期間を利用して犬の性格を見極めることができますし、飼い主とその家族が動物アレルギーを引き起こさないかテストすることもできます。

ペットショップなどではこういった期間が設けられておらず家に迎えてから「性格が合わない、こんなはずじゃなかった」「犬アレルギーがでて世話ができなくなった」といったリスクが存在しますが、保護犬や保護猫を引き取る場合はそのリスクを極力減らすことができます。

 

殺処分されてしまう命を救うことになる

一度保護されたとしても、生きている以上は世話をするのにお金がかかります。なので一定期間、引き取り手が見つからなければ殺処分されてしまうのが現実です。

保護犬や保護猫を迎えるという事はその殺処分から命を救うことでもあり、その行動が積み重なってペット業界の在り方をかえていく礎となります。

 

健康状態を把握したうえで迎えることができる

犬や猫は先天性の疾患をもっていることも少なくありません。原因は知識の乏しい繁殖業者がお金儲けだけを重視し、先天性疾患のリスクを高めるような繁殖が行っているケースが多々あるためです。(この繁殖業者に問題があることは朝日新聞でも報じられています。https://www.asahi.com/articles/ASM1Q449PM1QUTFL006.html

 

生後3ヶ月から半年ぐらいまでのペットショップなど置かれている犬猫ではこの先天性疾患が見つかりにくいことが多く、家に迎えてから疾患が判明してトラブルになるケースが後を絶ちません。

 

その点、保護犬や保護猫はある程度育っている犬猫が多くしっかりと健康診断も行われていますので、なにかあっても事前に把握でき、家に迎えてから疾患が判明するというリスクは避けることができます。

 

保護犬・保護猫の里親になるデメリット

保護犬・保護猫の里親になる

デメリットはありません。

 

「子犬じゃないからしつけができない」

⇒たしかに幼いころに社会化や一定のしつけをする方が有利ですが、それでもある程度しつけには正しい知識と根気が要ります。それに、成犬になってからでも根気よくしつければ学習する犬もたくさんいます。「子犬じゃないから」という理由でしつけができないという方の多くは、しつけがかんたんにできるものと考えておられる場合が多く、しつけについて腰を据えて勉強する心構えがないので子犬でもしつけに失敗します。

 

「噛み癖があるから危険」

⇒噛み癖は犬種にも左右されます。例えば飼いやすいと言われる柴犬も、もともと狩猟犬なので気性が荒く生後5カ月頃から成犬になるにつれて噛み癖がでることがあります。保護犬か保護犬じゃないかは関係ありません。むしろ保護犬だと噛むか噛まないかもうすでに分かってるという点で飼う側からすればメリットになります。また、噛み癖などの問題行動をしつけなおして譲渡する団体もあります。

 

「健康状態が悪い」

⇒ペットショップやブリーダーから購入しても健康状態が悪いこともあります。ペットショップに並んでいる犬や猫は当然ですが健康状態には良好にチェックが入っているでしょう。でも前節でもお伝えしたように無理な繁殖による先天性疾患や犬種特有の病気は生後半年以上経過しないとわからないことも多く、ペットショップに並んでいる犬が安全というわけではありません。健康状態が悪い犬がペットショップに並んでることもあるのです。譲渡犬、譲渡猫に限りません。健康状態が悪いと知らずに迎えるのと健康状態が悪いと知って迎えるのとでは雲泥の差があります。つまり、健康状態が悪いと事前にわかる保護犬や保護猫は飼い主にとってむしろメリットなのです。

 

このようにいろいろデメリットとして安易にメディアに取りだたされることがありますが、すべて偏見です。むしろ保護犬や保護猫の方が飼い主は「こんなはずじゃなかった」というリスクを減らせることが多くそれがメリットなのです。

 

たしかに保護犬や保護猫は成犬、成猫やシニア犬シニア猫が多い傾向にありますが、成犬やシニア犬には成犬やシニア犬のいいところがありますし、デメリットとは言えません。そして、当然ですが保護犬や保護猫の中にも子犬や子猫もいます。お利口な子もたくさんいます。なので噂や偏見で判断するのではなく実際に譲渡会などに足を運んでみてください。必ず気になる子がいるはずです。

 

保護犬や保護猫の譲渡支援を行っている地方公共団体

保護犬・保護猫の里親になる

保護犬や保護猫の譲渡会や譲渡支援は地方公共団体が行っているものと一般社団法人やNPO法人などの民間団体が行っているものがあります。地方公共団体が行っている譲渡支援は保健所が行っており、飼い主のいない犬猫が一定期間収容され里親が見つからなかった場合は殺処分されます。あなたの力で一つでも多くの命を救ってあげてください。


    • 札幌市動物管理センター福移支所
      所在地 北海道札幌市北区篠路町福移156
      電話番号 011-791-1811
      ホームページ https://www.city.sapporo.jp/inuneko/
      業務時間 月~金曜/8:45~17:15
      動物の見学や譲渡は10:00~16:30まで
    • 旭川市動物愛護センター「あにまある」
      所在地 北海道旭川市7条通10
      電話番号 0166-25-5271
      ホームページ http://www1.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/eiseikensa/Animaal_HP/index.html
      業務時間 月~金曜/8:45~17:15
      保護犬や保護猫の見学時間は10:00~12:00と13:00~15:00

       


    • 青森県動物愛護センター
      所在地 青森市大字宮田字玉水119-1
      電話番号 017-726-6100
      ホームページ http://www.aomori-animal.jp/
      業務時間 10:00~16:00
      休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    • 秋田県動物管理センター「ワンニャピアあきた」
      所在地 秋田県 秋田市 雄和椿川字奥椿岱1番地
      電話番号 018-827-5051
      ホームページ https://wannyapia.akita.jp/
      業務時間 月~金曜/8:45~17:15
      譲渡犬猫展示時間9:30~15:00
    • 岩手県動物愛護管理 環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当(岩手県動物愛護センターの設立を構想中)
      所在地 岩手県盛岡市内丸10-1
      電話番号 019-629-5322
      ホームページ https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/anzenanshin/pet/index.html
      業務時間 10:00~16:00
      休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    • 福島県動物愛護センター「ハピまるふくしま」
      所在地 福島県田村郡三春町大字上舞木字向田17
      電話番号 024-953-6400
      ホームページ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21620a/
      業務時間 月~土曜(祝祭日除く)/8:30~17:15
    • 宮城県動物愛護センター
      所在地 宮城県富谷市明石下向田69-4
      電話番号 022-358-7888愛護班
      ホームページ https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/doubutuaigo/
      業務時間 月、水、木、金曜日
      10:00~15:00休館日
      毎週:火、土、日
      祝祭日、国民の休日
      年末年始(12月29日~翌年1月3日)
    • 山形県健康医療部動物愛護センター
      所在地 山形市大字船町1030-1
      電話番号 023-681-1210
      ホームページ https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/kakuka/kenkoiryo/doubutsuaigo/
      業務時間 月~金曜(祝祭日除く)/8:30~17:15




    • 動物愛護管理センター「アニマルハーモニー大阪」
      所在地 大阪府羽曳野市尺度53-4
      電話番号 072-958-8212
      ホームページ http://www.pref.osaka.lg.jp/doaicenter/doaicenter/
      業務時間 平日の9:00~17:45/土日祝日の9:00~17:30
    • 大阪市動物管理センター「おおさかワンニャンセンター」
      所在地 大阪府大阪市住之江区柴谷2-5-74
      電話番号 06-6685-3700
      ホームページ https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000003676.html
      業務時間 月~金/9:00~17:30
    • 東大阪市動物指導センター
      所在地 大阪府東大阪市水走3-12-32
      電話番号 072-963-6211
      ホームページ https://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000004550.html
      業務時間 月~金曜/9:00~17:30
    • 京都動物愛護センター「動物愛ランド京都」
      所在地 京都市南区上鳥羽仏現寺町11
      電話番号 075-671-0336
      ホームページ http://kyoto-ani-love.com/
      業務時間 木曜休館/9:00~17:00
    • 兵庫県動物愛護センター
      所在地 兵庫県尼崎市西昆陽4-1-1
      電話番号 06-6432-4599
      ホームページ http://www.hyogo-douai.sakura.ne.jp/
      業務時間 月~金曜/8:45~17:45
    • 神戸市動物管理センター
      所在地 神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1
      電話番号 078-333-3330
      ホームページ https://www.city.kobe.lg.jp/a84140/kenko/health/hygiene/animal/amc.html#midashi29854
      業務時間 コールセンター年中無休/8:00~21:00
    • 姫路市動物管理センター
      所在地 兵庫県姫路市東郷町1451-3
      電話番号
      079-281-9741
      ホームページ https://www.city.himeji.lg.jp/bousai/0000001381.html
      業務時間 月~金曜/8:35~17:20
    • 西宮市役所 健康福祉局保健所生活環境グループ動物管理センター
      所在地 兵庫県西宮市鳴尾浜2-1-4
      電話番号 0798-81-1220
      ホームページ https://www.nishi.or.jp/kenko/hokenjojoho/pet/animalcenter.html
      業務時間 月~金曜/9:00~17:30
    • あかし動物センター「あかしっぽ」
      所在地 兵庫県明石市大久保町大窪2747-1
      電話番号 078-918-5797
      ホームページ https://www.city.akashi.lg.jp/kankyou/dobutsu/index.html
      業務時間 火~土曜/8:30~17:00
    • 中和保健所動物愛護センター
      所在地 奈良県宇陀市大宇陀小附89「うだ・アニマルパーク」内
      電話番号  0745-83-2631
      ホームページ http://www.pref.nara.jp/1734.htm
      業務時間 要確認
    • 和歌山県動物愛護センター
      所在地 和歌山県海草郡紀美野町国木原372
      電話番号 073-489-6500
      ホームページ https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031601/animal.html
      業務時間 火曜休館/10:00~17:00
    • 滋賀県動物保護管理センター
      所在地 滋賀県湖南市岩根136-98
      電話番号 0748-75-1911
      ホームページ http://www.sapca.jp/
      業務時間 月~金曜/10:00~16:30
    • 大津市役所 健康保険部動物愛護センター
      所在地 滋賀県大津市仰木の里1-24-2
      電話番号 077-574-4601
      ホームページ https://www.city.otsu.lg.jp/soshiki/021/1442/index.html
      業務時間 月~金曜/8:40~17:25
    • 三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
      所在地 三重県津市森町2438-2
      電話番号 059-253-1238
      ホームページ http://www.pref.mie.lg.jp/ASMILE/
      業務時間 水曜、土曜、祝日の翌平日、年末年始休館/9:30~16:30




 

 

保護犬や保護猫の譲渡支援を行っている民間団体

保護犬・保護猫の里親になる

一括りに民間団体といっても活動内容は団体によって様々です。保護犬と里親をつなぐマッチングサイトを作ったり、ITを駆使して愛護活動に貢献する団体もあれば、実際に保健所で殺処分が決まった犬猫を引き取り保護して里親が見つかるまで世話をしたり噛み癖をしつけ直したり行政にできないことをほとんどボランティアで行っている団体も数多く存在します。

民間団体は行政と違って税金を使えるわけではありません。補助金もありません。収入源は里親や愛護活動を応援してくれる方からの寄付金か、あるいは全く関係ない仕事をして稼いだ生活費の中から保護犬や保護猫の世話代を捻出されています。

そのため各団体ごとに寄付金が必要だったり里親になるうえでのルールや団体独自のポリシーがありますので、疑問点はホームページを見るか実際に問い合わせをして納得した上で譲渡会などに参加してください。

 

サイト名 アニマルレフュージ関西
URL http://www.arkbark.net/
特徴
  • 通称「ARK(アーク)」。1990年からイギリス人の代表が運営する非営利、非政治の私設団体。
  • 保護した犬や猫の心身のケア、社会化トレーニング、里親探しをはじめ様々な愛護支援活動に力を入れており、実績のある団体。

 

サイト名 いつでも里親募集中
URL https://satoya-boshu.net/
特徴
  • NPO法人東京キャットガーディアンが運営する保護犬や保護猫と里親を繋げるサイト。
  • 1997年から活動されている実績のあるサイト。

 

サイト名 OMUSUBI
URL https://omusubi-pet.com/
特徴
  • 保護犬や保護猫と里親を繋げるマッチングサイト。運営している「株式会社シロップ」の出資者にはチュートリアルの徳井さんも参加している。モデルのローラさんとコラボ企画なども行っている。
  • 参加できる保護団体をしっかり審査しているため里親としては安心。
  • 2019年8月に保護犬猫とユーザーの相性度診断が行えるAIを駆使した新機能をリリースして話題になった。

 

サイト名 ドッグスクールポチパパ
URL https://sites.google.com/a/pochipapa.com/dog-school-pochipapa/
特徴
  • 代表のポチパパこと北村紋義さんはしつけ教室を運営しながら愛護活動に熱心に取り組んでおられる。
  • youtubeなどで噛み癖の直し方など役立つ情報を配信されており問題行動にお困りの飼い主の相談にも乗ってくれる。

 

サイト名 ベテリナリーアドプション
URL https://veterinary-adoption.com/
特徴
  • 動物病院で保護されている犬猫と里親をマッチングする譲渡支援サイト。
  • 動物病院を介すため健康面や衛生面のケアがしっかりとされており安心して迎えることができる。

 

サイト名 ライフボート
URL https://www.lifeboat.or.jp/
特徴
  • 1998年から「NPO法人犬と猫のためのライフボート」が運営する行政と里親をつなぐ譲渡支援団体。
  • 日本では珍しいアニマルシェルターと呼ばれる広大な飼育施設を有し、里親募集だけでなく譲渡が困難な犬猫の終生飼育も行っている。
  • シェルターには動物病院もあり健康面や衛生面のケアがしっかりとされて安心して迎えることができる。

 

サイト名 ロンリーペット
URL http://lonelypet.jp/pets/search_result/
特徴
  • 「ロンペ」は非営利型一般社団法人ロンリーペットが運営するペットの里親募集検索サイト。
  • 掲載数は少ないが保護期間中にしつけ訓練なども行ってくれている。

 

 

 

 

ペットの騒音でお困りではありませんか?
防音犬小屋 レンタル

犬や猫、鳥の無駄吠え、要求吠えなどでお困りではありませんか?

当店では防音タイプの犬小屋をレンタルしています。

不要になれば即返却OK。期間縛りもナシ。

解約金、保証金などよくわからない費用も一切不要。

ひとつひとつ丁寧にハンドメイドするため数に限りがございます。

ご予約はお早めに!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事